弁護士 杉浦 宇子


弁護士 杉浦 宇子 パートナー

 

 

 

 

  昭和42年 富山県に生まれる
昭和61年 愛知県立明和高校卒業
平成 2年 名古屋大学法学部卒業
平成 5年 司法試験合格
平成 6年 最高裁判所 司法研修所司法修習生(第48期)
平成 8年 弁護士登録(日本弁護士連合会登録24520番)
以後、北村利弥法律事務所にて執務(名古屋弁護士会[現愛知県弁護士会])
平成 8年より CAPNA(子どもの虐待防止ネットワークあいち)弁護団参加
平成12年より DV(ドメスティックバイオレンス)弁護士ネットワークに参加
平成15年より 児童相談所嘱託弁護士
平成19年より NPO法人子どもセンター「パオ」参加
平成19年 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所にパートナーとして参加

 

弁護士からひとこと

 紛争の解決のあり方には様々なものがあります。価値観が多様化する中、どのような解決が最適であるかは、個々人によって異なってきます。個々の依頼者の方のご相談を丁寧に聴き取り、依頼者の方が納得する解決を得られるよう、適切な法的サービスを提供することで、依頼者の方のその人らしい行き方を支援させていただきたいと考えています。

 一人で悩みを抱えてどうしていいか分からなくなっていたら、一度弁護士に相談してみてください。法的なアドバイスによって、解決の道筋が浮かんでくるかもしれません。「相談する」ということも人が持っているパワーのひとつです。