弁護士 榎本 修


弁護士 榎本修 代表

     
enomoto.jpg
 
 
(略歴)
昭和43年 愛知県に生まれる
昭和62年 愛知県立千種高校卒業
昭和63年 実用英語技能検定準一級合格
平成 3年 司法試験合格
平成 4年 京都大学法学部卒業
      最高裁判所 司法研修所司法修習生(第46期)
平成 6年 弁護士登録(日本弁護士連合会登録23400番)
以後、北村利弥法律事務所にて執務(名古屋弁護士会[現愛知県弁護士会])
平成11年 独立 えのもと法律事務所 開設
平成15年 上記事務所を法人化(現ひかり弁護士法人アイリス法律事務所)設立

(主な社会的活動など)
平成15年 NPO法人ロースクール奨学金ちゅうぶ専務理事(現任)
平成16年 愛知大学法科大学院教授(実務家教員。~平成21年)
平成22年 名古屋簡易裁判所非常勤裁判官(民事調停官)任官(~平成24年)
平成26年 愛知県弁護士会副会長(~平成27年)
平成27年 中部弁護士会連合会事務局長(~平成29年)  
平成28年 財務省入札等監視委員会委員(~平成30年)
平成28年 名古屋家庭裁判所 調停委員(~平成31年)   
平成29年 名古屋大学法科大学院教授(実務家教員。現任)   

(主な著書・論文など)
●民事法(民法・商法・会社法・倒産法等)関係  
「TAX & LAW 株式・社債・証券化の実務」(第一法規出版、一部執筆)
「貸金業の規制等に関する法律43条の『みなし弁済』規定の適用がないとされた事例」愛知大学法学部法経論集第166号(04年)。  
「未完成マンション工事の請負報酬請求事件」瀬川信久ほか編『事例研究 民事法』(日本評論社、08年)所収。
●ローヤリング(ロイヤリング)≪弁護士実務≫関係  
「初回面談の基本技術」名古屋ロイヤリング研究会『実務 ロイヤリング講義―弁護士の法律相談・調査・交渉・ADR活用等の基礎的技能』(民事法研究会、第2版、09年)所収。  
「実務基礎科目『ロイヤリング』の現状と課題」判例タイムズ1224号11頁(07年)。  
「企業間の契約交渉-M&Aの契約締結交渉」日本弁護士連合会法科大学院センターローヤリング研究会編『法的交渉の技法と実践-問題解決の考え方と事件へのアプローチ』(民事法研究会、16年)所収。
●法曹養成関係
『入門 法科大学院-実務法曹学修ガイド』(共著)(弘文堂、12年)。

弁護士からひとこと

 弁護士登録から25年が経ちました。法律を通じてみなさんのお役に立つことに、更にやりがいを感じる今日この頃です。企業・法人の皆様の様々な御相談に、「相談しやすい弁護士」として、親切かつスピーディーにお応えすることで社会に貢献してまいります。

 変化が激しい時代です。経営全般について、迅速かつ柔軟に「共に考えるパートナー」として、皆様のお役に立ちたいと考えています。