ローヤリング

2021年03月25日

弁護士の証拠収集 (ローヤリングの考え方から)【2021年3月】弁護士榎本修

  ●弁護士が事件を受任することになりました  さあ、どうやって証拠を探してゆきましょうか    弁護士は、事件を受任すると「こちらの主張を裏付ける証拠を探そう」ということになります。この30年ほどの間に、インターネットやSNS、携帯電話やメール・LINEなど通信手段が発達し、証拠資料は爆発的に増えた中、弁護... 続きはこちら≫